まだ興奮冷めやらぬうちに燕記事書き上げちゃいます!2日目です!



とか書いといてもう、冷めちゃって次の山の事考えちゃってますけど!




夜中に星空撮影し終わって眠りについてAM4:30くらいまでぐっすり眠りました。
もう一つの目的のモルゲンロート!夜中の満点の星空からすると大いに期待できる!と思い、ちゃんとアラームセットしておいたんです!
まだ薄暗い中、外に出てみるともうすでに皆さん待ち構えているではありませんか!
三脚セットするのも億劫だったのでカメラ片手に外へ。




IMG_2398




うわ~テントのフライがこんな状態になってんの初めてだ~
と感動しつつ、山荘の横に移動するなり




IMG_2399
 




ああああああああああああああああああああああああああああ
槍!やり!ヤリ!!!!
槍が見える~~~~~~~~~~・゚・(ノД`;)・゚・


初めてみました!だけど、一目で槍ヶ岳だとわかるその容姿に感動!
コレ見れただけで胸いっぱいになりました~(まだ燕岳頂上踏んでないのに)



IMG_2406




北アルプスの峰々があんなに近くに見えて、あの稜線を歩きたい衝動にかられる。
こりゃ、近いうちに歩くしかないな~




朝日はこの景色の反対から昇るんですけど、そっち側はめっちゃ雲が厚くて空は明るいのに赤くはならない。


IMG_2409





あ~これはモルゲンロート見れないなぁと早々に見切りつけてテントの中に避難。
昨日の鍋の残りを温めながら冷えた手と足も一緒に温める。
朝ごはん食べて、テント撤収して荷物をまとめる。
山荘前に荷物を置いて、アイゼン装着してピッケルとカメラだけ持って燕岳にアタック。




再びおはようございます、女王様。

IMG_2410
 




 IMG_2413




IMG_2414



槍も稜線もくっきり見えた。
雪の無いときよりも山のラインがよくわかって、その姿は美しく神々しい。


もう幸せいっぱいすぎる!
下山したくない!
あと一週間くらい山に籠っていたい!


でも、娘にも会いたいーーー!!!!

ので、足速に頂上までいっちゃいましょう!



IMG_2415




近そうで意外と30分もかかってしまうのです。
危険個所もないし、合戦尾根に比べたらこの登りはなんてことないと思います。




IMG_2426





槍をアップしてみた



IMG_2416
 



こんなとこ登れるの!?



燕岳は花崗岩が目立つ、面白い山容で皆さん写真を撮りながらゆっくり登っていました。


IMG_2427

 IMG_2430
 


時々、下から強く冷たい風が吹き上げる。
天気は良くても風が冷たい。


IMG_2431




山頂に近づく程、迫力のある花崗岩が多くなってくる。



IMG_2439



途中に有名な「めがね岩」と呼ばれる岩があります。



IMG_2440



めがね岩というより、豚の鼻に見える(笑)



槍はどこにいても見える!


IMG_2444



燕岳の核心部にとりかかったところらへんに、北燕岳の分岐がありトレースもあった。
行こうか迷ったが、ここまで来るのに結構ゆっくり来てしまったので今回はパスしました。


山頂はやや渋滞ぎみでした。
10人もいれないような狭さなので写真撮影したら山頂をゆずる感じになります。



山頂待ちしている間に三角点。
別に三角点マニアとかじゃないけど、撮るのがもう癖になってるんだよなぁ。
特に、マイナーな山とかだと頂上には三角点しかなかったりするしね。




IMG_2447





で、順番が来たのでささっと。




IMG_2448



 


【燕岳(2763m)】登頂! 
いや~夢にまでみた燕岳、やっとこれました!
なんでか、今まで全く北アルプスに興味を示さなかったのですが、やっぱり素敵でした!



山頂からの槍ヶ岳と大天井岳。



IMG_2451


 
この白銀の表銀座をぜひ歩いてみたい!
でも、残雪期は大天井岳へはトラバースできなくて直登のみなのでかなりキツイらしい。
しかも強風地帯。
でも、常念岳、蝶ヶ岳と歩いて上高地におりるのは最高だと思うなぁ。
タクシー相乗りしたペアは無事に歩けたのだろうか?
結局登山口で別れてから見かけてない。 



一応山頂写真を撮ってもらう。


BlogPaint
 



めっちゃ顔がむくんでブスすぎでした(笑)


後ろからドンドン人がくるのでささっと景色撮影して山頂交代。




北燕岳



IMG_2455



山はずーっと続いてる。
この先の山もその先の山も知らない山。
どんな山なんだろう、、、。
歩きたいなぁ。



IMG_2456





山頂にはとどまれるスペースはない感じなのでさっさと下ります。
これまた有名ないるか岩ってのがどれなのかいまいちよくわからなかった。




これか?



IMG_2459




これ?


IMG_2462



まぁ、実際どっちでもいいやってのが本音ですけど(笑)


山荘まで戻ってザックを回収して、さぁ下山します!



AM8:00
下山開始。


最後にもう一回槍と大天井岳。
大天井の小屋が見えます。


IMG_2463



いつもいつも下山の時って切ない気持ちになる。
例えば遠距離の恋人の元から帰る時みたいな。
何度も何度も後ろを振り返りながら下山しました。



IMG_2469



こうやって晴れていれば登山道から小屋もばっちり見えます。
昨日はここの登りを登っていても見えなかったですから、、、。





稜線上では↓の登りが一番きつかったかな?


IMG_24742



ここはジグにトレースついてるからそうでもない。
けど、直登のトレースもついてた。



IMG_2476




槍もそろそろ見納めかなぁ~。
意外とずっと槍が見えてて驚いた。


IMG_2477
 




AM8:50
合戦小屋到着。



IMG_2479


IMG_2485




天気が良いので賑わってました。

合戦小屋まではケーブルがきていて、荷揚げはこれでやっているようだった。



IMG_2481

 

IMG_2482
 


IMG_2483
 



豚汁飲みたい。ホットコーヒー高い。山価格恐ろしい。
ここでザックを置いて一休みしていたんだけど、出発しようとザックを背負うと底の部分がびちょびちょ。
まさかーーー!!!!!!!!とザックの中をガサガサ。



そう!そのまさかでした。
ハイドレーションの水が全部漏れちゃいました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ハイドレーションの水漏れ何回目だろう、、、。
もういいかげん廃止しようかな、、、。 

今日の天候だと下に行くほど暑いだろうから水は必須だよな、、、
と、しぶしぶ小屋で水を一本買いました。
500ml、250円。
富士山の山小屋に比べたら安いけど、水を250円で買うのは抵抗あるよな、、、。
でも、買っといて正解でした。この日はマジで暑かったです。
登ってくる人皆さん蒸し風呂状態でしたから。

そういえば、前日登りの時に追い越した子連れの方とこの日合戦小屋でお会いしました。
ママと6歳の男の子とで登られていたんですが、さすがに前日の天気では断念せざるおえなかったみたいですね~。
でも、翌日に再挑戦するとは根性のあるお子さんですね!
とっても可愛らしくて何回もえらいね~頑張ってね!とデレデレしてました(笑)
お母さんとも少しお話して、やっぱり小さい時から登らせてたみたいでした。
よし!うちの娘も三歳くらいになったら山を歩かせよ~っと。
男の子にもう一回頑張ってね!と言って出発。
ここからはささっと。


AM9:10
合戦小屋出発

AM9:30
富士見小屋

AM10:30
第二ベンチ
ここでアイゼンをはずす。
これよりも前ではずしてもいいかなってくらい雪がゆるくてアイゼン全然きかなかったです。
富士見小屋より上でもアイゼンつけないで登ってる人もいましたから。

AM10:50
第一ベンチ

AM11:30
登山口着
登山終了~

急なだけあって下りも相当しんどかったです。
荷物が重いから余計膝にきて、止まると膝が震える。
ベンチがあるごとに座って休憩しないとしんどかったです。
普段なら下りはほとんど休憩なしで走り下りちゃうんですけど、、、やはりブランク感じますね、、、




登山口に旦那と娘が迎えにきてくれていて、久しぶりに娘の姿を見て思わず涙が(笑)
山から下りてきてすぐに娘に会えるって最高ですね~。
感動のハグと思いきや、意外と娘はあっさりで

娘「ぃしー。」(石の事)

と拾った石をくれました(笑)
しばらくパパといたから、パパっ子になってました(´;ω;`)


その後はお風呂に入りたかったので中房温泉より車で2~3分下ったところにある有明壮で日帰り入浴しました。
中房温泉でもよかったんですが、洗い場が外にしかないという情報を見たので娘も一緒に入るんだったら湯冷めしたら嫌だしなと思って。



有明壮



IMG_2500


 

玄関の右側にザック置き場と登山靴の洗い場があります。


営業時間 AM10:00~PM5:00 
入湯料  大人620円(レンタルタオル200円) 燕山荘にて宿泊した方は半額引き
シャンプー、ボディーソープ常備。

http://www.enzanso.co.jp/ariakeso/categories/e02-3.html

無色透明でぬめりのある泉質でシャワーからも温泉が出る。
脱衣所も浴場も綺麗でした。露天の方も綺麗でしたが日差しが強かったので入らなかったです。
加水はしてるみたいです。

娘は旦那と一緒に入ってもらって一人ゆっくり温泉満喫しました~♪



中房温泉の方は
営業時間 AM9:30~PM16:00
入湯料  700円
100%源泉かけ流し

http://www.nakabusa.com/daytrip/daytrip.html




温泉に入った後は日本一標高の高い道の駅、美ヶ原高原へ行き車中泊。
翌日、美ヶ原の王ヶ頭に登りました~



いや~本当に夢のような2日間でした。
それもこれも、娘の面倒見てくれた旦那といい子にお留守番してくれた娘のおかげです!
ありがとう~これからも何回もあると思うからよろしく~(笑) 


次は6月に丹沢に行こうかと思ってたんですが、ヒルがこわいのでやめときます(笑)
南アにでも攻め込もうかな?


何はともあれ、ありがとう!燕岳!また会いにいきます!


名称未設定





ランキング参加中です!ポチっとお願いします
 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ