やっと屋久島の記事が書き終わって一段落つきました~。
夜にバイトを始めたので本当に時間がなくって、、、。
バイトで稼いだお金で車の免許取って、旦那に頼まなくても自由に山に行きたいんです!!


と、言いつつこの間お願いして千葉の南房総にある花嫁街道というハイキングコースに連れていってもらいました!


房総半島屈指の人気ハイキングコースである花嫁街道。
その山頂は烏場山(265m)となっていて新日本百名山にも選定されています。
山頂からは天気が良ければ富士山が望めます。
和田浦駅を起点とし、駅から歩いて半日で周遊できるのが人気の理由でしょう。
一周約13.5キロあり、見所も沢山!落差15mの名瀑黒滝が間近で見ることもできます。
昔、花嫁さん達がこの道を通ってお嫁にいったのにちなんで花嫁街道だそうです。



 2016年2月21日
  南房総花嫁街道 烏場山(265m)              

   花嫁街道入口からはなその広場へ縦走   
     
    標準タイム 
      4時間30分       


  行動開始 12:34
     下山 16:42 
  行動時間 4時間8分
  休憩トータル 45分
 







朝、いつも通り遅い時間に出発しました。
いつもいつも、ワンピースを見終わった後に出発するんですよね~。
下道で鴨川まで突き抜けて和田町を目指します。
国道から畑が並ぶ細い畦道を通るらしく道がわかるか不安でしたが、国道にも細い道に入ってからも登山口までちゃんと標識があるので迷いませんでした。
強いて言うなら、オレンジ色の屋根の大きいリゾートマンションがあるのでそれが目印になります。


12時すぎに登山口に到着。


IMG_1766


車は何台か停まっていました。
3組くらいかな?



トイレも男女一つずつあります。


IMG_1765

IMG_1767



比較的綺麗です。
ちなみにバイオトイレです。



12:34
さあ、準備して出発です!



IMG_1768
 


入口の前にもスペースはありますけど、迷惑になるので駐車はしないようにしましょう。



天気がよくてよかったです。
里山らしい山歩き~。


IMG_1775



IMG_1778



和田浦歩こうの会さんのおかげで標識も立派です!



IMG_1779




植物が房総らしく、南国チックです。


IMG_1781




娘は背負子から降りて歩きだがります。


IMG_1787



ヤブツバキの花。


IMG_1805



気持ちのいい林道歩きです。


IMG_1810



13:16
第一展望台到着。
景色はないです。
少し広くなっています。


BlogPaint


娘はかなりご機嫌な様子。
ここまですごいゆっくり歩きすぎました。



IMG_1814



変な木。こういう木って結構ありますよね。
天狗の腰掛とか名付けられてたり、、、



13:31
第二展望台到着。


BlogPaint


町が見下ろせます。
やっぱり外海は東京湾と違って綺麗ですね~。


IMG_1827




見所のひとつのマテバシイ林です


IMG_1829



すさまじい数のマテバシイに圧巻です。
写真撮ってて何が何だかわからなくなっていました。



IMG_1834


IMG_1833

IMG_1835




烏場山の標識を発見!


IMG_1836


この指されている方向に行こうとしたが、道がない。
?????ってなってしまいました。
烏場山はこっちの方角ですよーって事だったみたいです。


13:49
経文石到着。



IMG_1837



巨木が包み込んでいる大岩が経文石です。
前はこの下を通っていたそうなんですが、落石のおそれがある為現在は上を通ります。
岩に梵字が彫ってあって昔は読めたそうなんですが風化が進み、今は読み取れないそうです。




14:00
じがい水到着。


IMG_1839



このじがい水には二説あり、一つは自我井水と言われ山中の隠し田の水利、水源に使われたという説。
もう一つはそのまんま自害水。
お嫁に行くのが嫌な花嫁さんが途中で身を投げたりしてたのかなあとか、考えてました。



と、ここらへんで娘が落ちました。(笑
寝ちゃうとやっぱりかなり重いみたいです。



BlogPaint


IMG_1842




14:18
駒返し到着。


IMG_1843


花嫁達はここで馬を返して、残りは歩いたという。

えーーーー!!!ここまで馬だったんかい!!!
こんな所を歩くなんて花嫁さん達大変だったろうね~とか話してたのに、歩いたの全然ちょっとだけやん!!


14:33
見晴らし台到着。

ここにもバイオトイレありです。



IMG_1846



IMG_1847 IMG_1848





天気がよくって本当によかったです。
冬の空気は澄んでいて美味しい~!
少し休憩して


14:38
第三展望台到着。


IMG_1850


IMG_1851

 


ここと見晴らし台からは景色がよく見えます。 


 

さて、ラストスパートです。
この急な階段登ったら頂上です。
パパ頑張れ~!!!(笑
娘は完全にダウンしてます(笑


IMG_1852
 


14:45


IMG_1860




新日本百名山【烏場山(256m)】登頂! 


娘、千葉の山二つ目登頂~!背負われてだけど(笑


残念ながら富士山は見ることができませんでした、、、。

IMG_1856

IMG_1858




少し遅めのお昼ご飯にします。
ゆっくり食べてたら体が冷えていきます。
なんだかんだまだ二月。
汗かいたら尚更寒いですね~。
山頂にはおふくさんがいらしてまして、縁結びの場所なんだとか。


IMG_1853



次は伊予ヶ岳辺りにでも登りにいきたいなあ~


IMG_1854



15:12
下山開始

背負子交代で~す。


BlogPaint



15:33
旧烏場展望台到着。


IMG_1871




ペットボトルを自分で取るという荒業を披露する娘。


BlogPaint




16:03
またもや見晴らし台。

IMG_1874




16:18
金比羅山
ちょっと暗くなってきました。


IMG_1875



金比羅山ってよくありますよね。
大概、金比羅神社ってのもあるよね~と話してたら



 



あった、あった♪(笑
金比羅神社!


IMG_1877




で、開けてる所に出ます。


9


ここで道が二つに分かれています。
左側が黒滝経由ではなその広場にいくのと、もう一つは黒滝を通らないでそのままはなその広場に出る道です。
そりゃ、もちろん滝見にいきます。
しっかりとした造りの木製の階段を下まで降りていくと黒滝が間近に見られます。


IMG_1883


IMG_1886


IMG_1887

IMG_1890



カメラ難しいです、、、。
綺麗に撮れないなあ~。
SDがいっぱいでたくさん撮ってる余裕もなく、暗くなってきたのもあって練習どころじゃなかったです。
娘は初めて近くで見る滝に驚き、興奮していました。


黒滝の横に歩道が伸びています。


IMG_1897


ココを通れば、わざわざさっきの開けた所に戻らなくてもはなその広場に行けるんです。
飛び石を使い渡渉します。
水量多くなっても大丈夫なのかな~?少し心配です。
前日の雨の影響か、川の水は濁っていました。


IMG_1901

 

渡渉が終わって登山道に合流したらすぐに登山口に到着です。
はなその広場はちょっこと遊具があるひろ~い広場でした。
炊事場もありましたのでキャンプとかしていいのかな?


IMG_1904

IMG_1906

IMG_1905

IMG_1907




いや~意外と長かったです。
小一時間でさくっと行けるのかと思ったら全然!!!
私は長ければ長い程楽しいですけど、旦那は騙された感が半端なさそうでした(笑
千葉は低山しかなくて登山には期待してなかったんですけど、今回は楽しくハイキングできました!
産後の復帰登山にはもってこいの丁度良さでした。
娘の重さもいいトレーニングになりました~♪
付き合ってくれた旦那と娘に感謝です!


ちなみに使っている背負子は、モンベルのベビーキャリアです。
ドイターや他のブランドも検討したんですが、子供はすぐに大きくなるしそう頻繁に使うものでもないので手が出しやすいモンベルにしました。
他のは使った事がないので比べることはできませんが、特に不満はありません。
本人(娘)も嫌がらずに乗って熟睡するくらいですから。
カラーはこういう色はあまり好きではないんですが、子供を背負うのでもしもの時も考えて目立つ色の方が良いと思いまして、、、。


はなその広場から花嫁街道入口に歩いている途中にイノシシが。


IMG_1908


檻の中から突進してきてめっちゃ怖かったです。
普通にそこらへんにもいるんだろうな、、、。
野生の動物はこわいです~。


帰りに踏み切り一時停止をしなくてネズミ取りにひっかかりまして、旦那的には散々な日になったんだと思います(笑
でも、懲りずにまた連れていってもらいます!!!!



では、久々のリアルタイム登山記事でした。一か月前だけど




ランキング参加中です!ポチっとお願いします
 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ