縄文杉、ウィルソン株、白谷雲水峡、2日目も見所満載です! 

夜中、一度トイレに目が覚めただけで後はぐっすり眠れました。 
やっぱりテントは快適です。

残念ながら夜中は雨が少し降っていて、初めて屋久島に来たときにみた感動的な星空と同じものは見れませんでした。
小笠原諸島にいた時も星空はすごく綺麗でしたが、屋久島で見た星空が今まで見た星空の中で一番感動したんです!
まぁ、まだ数える程にしか山には登ってないので、その一番が今後塗り替えられる可能性は十分ありますけど。


それでは、宮之浦岳縦走二日目いってみましょう~!


 

 2014年4月29~30日
  宮之浦岳(屋久島)1936m              

   淀川登山口から白谷雲水峡へ
   新高塚小屋にてテント泊   
     
    標準タイム 
      新高塚小屋から縄文杉   
               1時間10分
      縄文杉から白谷雲水峡登山口
               4時間50分       


  行動開始 06:10
     下山 13:31 
  行動時間 7時間20分
  休憩トータル 1時間半
 



05:00に起床して、寒い中テント撤収したり、着替えたりして出発の準備を。
ちなみに夜はダウン着るくらいには寒くてもちろんテントは結露でびしょびしょなので、早めにテントばらしてデッキの柵にかけて乾燥させました。


06:10
荷物を詰め込んで出発。


IMG_1022


今日も天気は良さそうです。


IMG_1023


新高塚小屋から1時間下ると高塚小屋に着きます。
高塚小屋から縄文杉まではすぐです。
新高塚小屋から白谷雲水峡までは歩いた事があるのですす~いと進みます。


06:53
高塚小屋到着


いくつかテントがありました。


IMG_1029


 そして小屋


IMG_1030


びっくり仰天!前回来たときと全然違うじゃないですか!

それもそのはず、2013年に改装したらしいのです!
前の小屋は到底泊まる気にもなれないようなコンクリート造りの小屋でした。
ですが!なんですか!この綺麗な小屋は!
新しすぎて馴染んでないです!
なになに?なるほど、この小屋は紙パイプでできているんだそうな!
パッとみログハウスですけど、近くでみると紙パイプだ~。
耐久性はどうなのでしょう?
実際建築した会社のレモンガスさんのFacebookを見る限りでは思ったよりも早く傷んでいるんだそうな。
そりゃあ、1か月に32日雨が降るとも言われる屋久島ですからね、、、。
仕方のない事だと思いますが、運搬事情や耐久性等そこんところを解決できるいい策はないのでしょうか?
高塚小屋は奥まった場所にあるので中々難しいとは思いますが。
ちなみにトイレも少しは綺麗になってました。
ありがたい事です。
水場は縄文杉より下にあります。

朝日に照らされた縄文杉を見たいなら、高塚小屋に泊まるのがおススメです。



07:09
お馴染みの縄文杉到着

IMG_1031


231


相変わらずの佇まいです。
デッキの上からしか見れないので少し遠いなあ~とは思いましたが、自然を守る為ですからね。
ちなみに今現在は縄文杉の正面デッキが撤去されて今までは見れなかったアングルから見ることができるようになったとか、、、。

縄文杉は推定樹齢7000年以上と言われたり、合体木である可能性が浮上し周りの若い木の樹齢が推定2700年と言われたり、はたまたやはり一つの木であると証明されたり、、、。
実際のところどのくらいの樹齢なんでしょうか?
できれば7000年とかだったら夢みたいでいいなぁ~。

平成8年に縄文杉の根が踏みつけられまくって傷んでしまった事から周囲を立ち入り禁止にしてデッキを作ったという。
平成8年てまだ6歳だよ、、、。
そんな前からなんて、昔の人はずるいよなぁ。
後世にも素晴らしい自然を残すのが今の私たちの役目であるんだと思います。
自分たちが見れればそれでいいじゃなくて、自分の子供や孫、その子供にも私が見てきた日本の素晴らしい歴史や風景を残していかなくてはいけないんです。
その為には一人一人がマナーを守り、思いやりのある行動を。
私も登山はやめられないので、山に感謝し最低限以上自然に配慮していきたいと思いました。


あまり縄文杉に長居をしてしまうと、登ってくるツアー客とのすれ違いで下れなくなってしまうので早めに退散。
旦那の感想は

「モッチョムでもそうだし、ここまで来るまでにも大きい杉があったけどこれ(縄文杉)はやっぱりでかいなー!遠いけど。」



縄文杉からさらに下ると 夫婦杉、大王杉とあります。


241


243


↑夫婦杉、わかりますか?
2つの樹木の枝がまるで夫婦のように仲睦まじくつながっているのです。
左が妻(1500年)で右が夫(2000年)
杉は融合しやすいのですが、高い位置での融合は珍しいとのこと。


246


BlogPaint


↑大王杉
推定3000年
中は空洞になっていて、縄文杉が発見されるまでは最大の屋久杉と言われていたそうです。
確かにでかかった。縄文杉より近くで見られるからこっちの方が迫力は感じられました。


大王杉から30分下るとこれまた有名なウィルソン株に到着します。


08:16
ウィルソン株到着

256


IMG_1045


アメリカの植物学者ウィルソン博士にちなんでこの名前です。
300年まえに伐採され中は空洞で15人程は入れるくらいの大きさです。

中には祠があり、その右隣辺りから上を見上げるとハート型になっています。


IMG_1044

251


大きなハートの下にもう一つ小さなハートがあります。
ここも行列ができる程人気です。

早朝に出発したのでほぼ貸切状態でした。
前回来た時は、切り株の外まで行列ができていました。

私たちの他にいたグループがハート型に見える位置がわからずにいました。
まあ、普通にガイドとかいなかったらわからないですよね。
ハートが見えるとすごく喜んでいました~。

大株歩道が渋滞する前にさっさと下ります。

ウィルソン株からすぐに翁杉


259

260

 

ウィルソン株から30分下ると大株歩道入口に出ます。


08:41
大株歩道入口

IMG_1048


IMG_1049


ここはトイレもあってジャンジャン湧き出る水場もあるので長い長いトロッコ道を歩いて
きた多くの人達はやっと終わるトロッコの道に安堵の息を漏らし休憩をとります。
私たちは逆から来たので、これからトロッコ道を歩くことになります。

しかし、平坦なトロッコ道を歩いてきた人達にとってこれから登る大株歩道は相当足にくると思います。
何しろ初っ端から急登。ほとんど階段というエグさです。
心の中で皆さんにエール
を送りながら私たちはゆる~くトロッコ道を歩きます。

荒川登山口に出るまでトロッコ道は続きます。
約2時間半もトロッコ道を歩くのは嫌なので、白谷雲水峡にぬけちゃいます。
白谷雲水峡へとむかう楠川分れまでは大株歩道入口から1時間10分程。
途中に仁王杉。

266

264



楠川分れ手前に三代杉。


269



BlogPaint



そして小杉谷山荘跡にバイオトイレあります。



09:51
楠川分れ


IMG_1053


IMG_1054



ここからトロッコ道をはずれて山道を少し登ります。
1時間で辻峠に着きます。
その前に辻の岩屋があります。


IMG_1055


この辻の岩屋は、あのジブリのもののけ姫に出てくる山犬の住処のモデルになったところだそうです!
ジブリファンなら、ぜひとも寝泊まりしてみたいもんです!!
ちなみに緊急時のみ宿泊可能だそうです。

辻峠に到着してちょっと寄り道します。
太鼓岩に向かいます。



279

281



太鼓岩への登路は距離は大した事ないんですが結構険しいです。
道順があるので標識通りに登りましょう。


10:58
太鼓岩


291

285



登りきるとパノラマ絶景が広がっています。
私はここからの景色を見て登山に興味を持ち始めたので、行ったらここは原点になるんです。
私とって特別な場所です。
またここに来られ本当によかった。
原点に戻ってきて、感じる事は多々ありました。
この景色を見てから沢山の山に登らせて頂き、色んな絶景を見てきましたけど、
一周戻って太鼓岩からの景色、変わらず感動しました。
全てを包み込んでくれるかのような優しい屋久島の自然。
あぁ、生きてるぞと強く思える所です。
縄文杉より、苔むす森よりどこよりもこの場所が好きです。



まぁ、ちょっと曇ってて残念ですけど(笑)


290



15分くらいボーっとしてから、

 

284


遊び始めます(笑)
岩を叩くとポンポンと響く事から太鼓岩と名付けられたらしいです。
どこを叩いても響くわけじゃないんですけど、本岩の少し下にある岩(説明が難しい)を叩くと響きます。
でも、高い所苦手な人は少し勇気がいるかもです。

岩に寝そべったり何だりして遊んで名残惜しく太鼓岩を後にします。


辻峠に戻り荷物を回収して、もののけ姫の森で有名な苔の森(苔むす森)を目指します。
その前に



女神杉


295



かみなりおんじ



298

BlogPaint

BlogPaint



武家杉、公家杉


302

303




と、屋久島に住む方々が命名した杉を命名理由を考えながら眺め、気づけば辺りは苔だらけに。



301


304


 305


苔むす森が近そうですね~。
地図には苔の歩道って書いてあります。



11:54
苔むす森到着


313



311


曇ってるし、前日雨が少なかったから微妙でしたけど雰囲気はいいです。
これで雨上がりに陽が差し込んだりすると神秘的でかなり綺麗ですよ!

人もちらほらいたので早々に切り上げて先を進みます。
ほんと言うとあんまりな条件だったので写真撮る気おこらなかったんです。


その後は白谷雲水峡を歩いて杉巡りをします。


七本杉


317

BlogPaint




くぐり杉


323

 319



奉行杉


325

IMG_1074



三本槍杉



328

BlogPaint



三本足杉


IMG_1078



二代大杉


IMG_1079




と、とにかく規格外にでかい杉ばかりです。

二代大杉からは川沿いを歩きます。


IMG_1080

IMG_1083

IMG_1085



水が本当に綺麗です。



13:31
白谷雲水峡口到着


IMG_1089



ここからバスで下までおりました。
二日目も長い距離を歩いたのでバスの中ではぐったり。
最終日はオーシャンビューのキャンプ場に泊まり、この日の酒は充実の美味しさでした。


IMG_1091



愛子岳、モッチョム岳、黒味岳、宮之浦岳。
4泊5日でしたのでこのくらいしか登れませんでしたけど、満足です。
いつもなら船に乗って次の地を目指すときは楽しみなのに屋久島を去る時は名残惜しく、できる事ならまだ滞在していたいと思ってしまいました。
それだけ私にとって屋久島という場所はお気に入りの場所の一つなのです。


ありがとう、屋久島!
また絶対来ます!


IMG_1093




ランキング参加中です!ポチっとお願いします
 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ